子どもは私たちをどのように映しているのか。

子どもは私たちを映し出す鏡です。私たちの言葉をそのまま話してくれるのです。私たちは自分の声を聞いているのです。子供たちは私たちの姿勢を真似ているのです。彼らは、私たちがやっていることをそのままやりたがっているのです。特に生後間もない頃は、言葉の発達や姿勢など、主な保育者は子どもにとって最も重要なオリエンテーションの場となります。 

絆を映し出す。

子供は私たちとの絆を育むためにある、私たちの鏡のようなものです。子供にとって愛着は大切なものです。彼らは自分たちだけでは生きていけない。今でも、自分たちだけでスーパーに行ったり、身の回りの世話をしたりすることはないでしょう。彼らには、自分を養ってくれる信頼できる大人が必要なのです。ミラーリング」行動、反応の仕方、体のポーズは、特に子供にとって重要な絆の戦略です。大人もミラーリングしてコンタクトを確立する。しかし、子どもたちにとっては、大切な生存戦略なのです。
生後1年間は、主に身体的な接触によって絆が生まれます。年長の子どもたちは、より巧みに、より細かく、私たちの真似をしてくれます。私たちを映し出す鏡です。

大人の行動に反応する子供たち。

私たちの振る舞いが、子どもたちの振る舞いを決定づけます。もちろん、個人の気質や性格の構造もあります。とはいえ、私たちの行動は決定的なものです。なぜなら、子どもは私たちの振る舞いに反応するからです。
コミュニケーションにおいて、コミュニケーションがどのように行われるかを担うのは、私たち大人です。これにはノンバーバルコミュニケーションも含まれます。体の緊張、姿勢、身振り手振り、表情……小さな子どもでさえ、無意識のうちにすべてを感じ取って、行動パターンに取り入れています。
子供には何も教えられない、真似をされる」という言葉があります。よくまとまっていますね。

痛みの感じ方は、親の反応にも左右されます。

例えば、遊び場にいる小さな子どもたちは、自分が転んだときに周りを見渡して、親や保護者の反応を見ることがよくあります。落ち着いていて、笑顔であれば、問題ないと判断し、そのまま遊びを継続します。しかし、大人が心配そうに “怪我をしたの?”と聞いてきた場合。そうすると、何かおかしいと思い子供が泣き出しすことは多々あります。
私たちは、小さな子どもたちの安全な避難所です。私たちの行動は、子どもたちが自分の痛みをどれだけ大切にしているかを決める要因のひとつです。痛みは個人差があるので、子どもたちがうまく対処できるようにサポートします。だから、過剰な心配をせず、かつ子どもたちのことを真剣に考えなければなりません。子どもは自分を怪我をした場合、すぐに泣き出します。

子どもたちは、私たちから感情との付き合い方を学びます。

子どもたちは、私たちをロールモデルとして見ています。彼らは私たちから、自分の感情との付き合い方を学んでいるのです。もしお子さんがある部分でおかしな行動をとっていたら、まず自分自身が同じような状況でまったく同じ行動をとっていないか、逆に自分自身にその感情を許していないか、自問自答してみるといいでしょう。
例えば、私が怒っているところを娘に見せることはほとんどありません。今は、大きな声や不公平感を出さずに、自分の怒りを伝える練習をしています。それでも、その時の彼女の行動が私を怒らせるということをはっきりさせたいのです。そうしないと、怒りが収まらないし、我慢する時間が長すぎて、もっと強くなってしまうかもしれない。
娘も怒りを表に出すことがありません。「怒ってるの」と聞かれても、「実は怒っている」と言わないことがほとんどです。むしろ拗ねている。それは、彼女が私の行動を真似しているのかもしれません。衝突について議論する代わりに、調和を求める私の行動を。

親として、変化を起こすことができる。

素晴らしいのは、私たち自身がいつでも行動を変えることができ、その結果、子どもたちにより良い模範を示すことができることです。私たちは皆、ポジティブかネガティブかを判断する行動をしています。子どもは私たちからすべてを吸収します。私たちがどう考えても そして何より、私たちが何をするのかに注目してくれているのです。タバコは健康に悪いからやめなさいと100回言えばわかるんです。しかし、もし私たち自身がタバコを吸うなら、この例は私たちの言葉よりもはるかに重みがあります。
例えば、私は数ヶ月前から砂糖をほとんど摂らないようにしています。娘にお手本を示しているつもりです。彼女は、私たちは良い気分になるために砂糖を必要としないことを見抜いています。

子どもは大人の姿勢を真似る。

姿勢はちょっと難しいですね。私は、娘があるパパの元から帰ってきたとき、とてもまっすぐな姿勢をしているのをよく観察していました。彼はとてもスポーティで、まっすぐな姿勢に関してはお手本になるような人です。娘は数時間一緒にいると、すぐに肩を落としてしまう。肩甲骨が背中に張り出ししまいます。
それから、娘に自分を重ねます。本当に適材適所な姿勢です。
私が3歳くらいのときに、湯船に座っている子どもの写真があるんです。背中が丸いのは、母に似ていますね。おそらく、私も彼女の姿勢を真似たのでしょう。座れるようになったばかりの幼い子どもは、とてもまっすぐな姿勢をしています。親を手本にして、親のように座ったり、歩いたり、立ったりすることを覚え始めるまで。
歩くといえば。私の知人は、父親そっくりの歩き方をしています。両手を後ろに組み、老人のような歩き方をしている。私の世代では、そのような状態で歩かきません。しかし、”類は友を呼ぶ “です。歩行の面では非常にわかりやすい例です。
指を使った癖はとても真似されやすいです。これらは、私たちが行っている小さな動きであり、ほとんど気づかないことも多いのです。例えば、鼻をつかむ、手をもむ、耳をなでるなど。また、これらの慣用運動は、親から受け継いだものが多い。すべては良い絆のために!

子供は話し方を真似し、その結果、態度を変える。

今でも時々、私の中から父の声が聞こえてくることがあります。そう書くと、怖い感じがしますね。まったく好きでもなく、自分に似合わない言葉を使っています。例えば、「あれを訓練しなければならない。」「ここに爆弾が落ちたようだ。」などです。
このようなつながりに気づくことができれば、自分自身や子どもたちをより理解することができるようになります。その気になれば、もっと良いお手本になれるはずです。
ヨガマットに行ってきます! 背筋を伸ばすために。
このようなテーマに興味がある方は、私のブログをご覧ください。
ゲスト:ソニヤ・マーティン
コーチ – 神経科学者 – 教育者
www.sonja-martin.com